伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

筋隈

【すじぐま】

【SUJIGUMA】

 
 歌舞伎十八番【かぶきじゅうはちばん】『暫【しばらく】』の主人公、鎌倉権五郎【かまくらごんごろう】もこの隈取【くまどり】をしています。筋隈は、荒事【あらごと】の代表的な隈取です。この他にも、歌舞伎十八番の『押戻【おしもどし】』や『矢の根【やのね】』の曽我五郎【そがのごろう】などにも使われています。
 まずは白粉【おしろい】で顔を白く塗【ぬ】ります。その上から紅で図のように筋を入れていきます。続いてあごに三角の隈を取り、あごの線にそって赤く塗ります。まゆ毛は、額にある2本の筋の間のバランスを見ながら、外側に跳【は】ね上げるように黒く取ります。

おすすめコンテンツ

関連項目

ページの先頭に戻る