伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

矢の根

【やのね】

【YANONE】

 
  • 矢の根を研ぐ曽我五郎 『矢の根』2代目尾上左近(4代目尾上松緑)の曽我五郎 1990年(平成2年)1月国立劇場(Y_E0100158000004)
 歌舞伎十八番【かぶきじゅうはちばん】の一つ。
 鎌倉【かまくら】時代の曽我十郎【そがのじゅうろう】、五郎兄弟による敵討【かたきう】ちは、『曽我物語【そがものがたり】』によって一般にも広く知られていました。『矢の根』は弟の五郎を主人公とした作品で、2代目市川團十郎【いちかわだんじゅうろう】が1729年(享保【きょうほう】14年)に初めて演じて以来、生涯【しょうがい】に4回もつとめた得意な役です。
 五郎は家で大きな矢の根を研いでいます。父の敵、工藤祐経【くどうすけつね】を討つ準備のためです。そのうち五郎が寝【ね】てしまうと、夢の中に兄の十郎が現れます。十郎は、「今、工藤の館に捕【つか】まっているから助けに来てくれ」と言い残して消えてしまいます。五郎は跳【は】ね起き、通りがかった馬子【まご】から奪【うば】った馬に乗って、十郎を救いに駆【か】け出します。
 写真のように筋隈【すじくま】をとる『矢の根』の五郎は、『暫【しばらく】』の主人公と同じく典型的な荒事【あらごと】の役です。

おすすめコンテンツ

関連項目

ページの先頭に戻る