伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

【しばらく】

【SHIBARAKU】

 
『暫』 12代目市川團十郎の鎌倉権五郎 1995年(平成7年)11月歌舞伎座
 歌舞伎十八番【かぶきじゅうはちばん】の一つ。
『暫』は、初代市川團十郎【いちかわだんじゅうろう】が初めて演じたといわれます。現在の扮装【ふんそう】に近い形にしたのは、2代目團十郎です。ウケといわれる敵役【かたきやく】に殺されそうになっている人々を助けるために、「しばらく、しばらく」と言いながら荒事【あらごと】の扮装をした主人公が花道【はなみち】から出てくるという、簡単なストーリーです。
 『暫』は、歌舞伎十八番【かぶきじゅうはちばん】の中では他の作品と違【ちが】った性格を持っています。江戸時代、11月の行事である顔見世【かおみせ】で上演される演目【えんもく】の中には、この『暫』の場面がありました。つまり演目や登場人物が違っても、敵役に殺されそうになる人々を「しばらく」と言いながら助けに来る場面が、毎年あったというわけです。
 『暫』には、化粧声【けしょうごえ】や六方【ろっぽう】など荒事の要素がほとんど揃【そろ】っているという特徴【とくちょう】もあります。

おすすめコンテンツ

関連項目

ページの先頭に戻る