伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

黒衣

【くろご】

【KUROGO】

 
  • 目立たないように俳優の陰に隠れる黒衣 『助六曲輪菊』7代目尾上菊五郎の揚巻 17代目市村羽左衛門の意休 1977年(昭和52年)1月国立劇場(Y_E0100083000200)
 舞台【ぶたい】で演技を助ける雑用係のことです。黒い衣裳【いしょう】を着て頭も顔も黒い布で隠【かく】しているのでこう呼びます。
 歌舞伎では、「黒は観客からは見えないもの」という暗黙【あんもく】のルールがあります。舞台に黒衣がいても、見えないことになるわけです。当然目立ってはいけないので、俳優や大道具【おおどうぐ】の後ろに隠れたりして、できるだけ体が見えないように小さくなっています。
 舞台で必要な小道具【こどうぐ】を出したり、いらなくなった小道具を片づけたり、舞台の上で衣裳の着替【きが】えを手伝ったりと、数多くの仕事があります。通常は出演している俳優の弟子がつとめます。師匠【ししょう】の演技のタイミングに合わせて仕事をするのです。
 雪や水中、海や川の場面では、黒衣は逆に目立ってしまいます。そこで、雪の場面では「雪衣【ゆきご】」と呼ばれる白い衣裳を、海や川の場面では「水衣【みずご】」や「波衣【なみご】」という水色の衣裳を着ます。

おすすめコンテンツ

関連項目

ページの先頭に戻る