伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

小道具

【こどうぐ】

【KODOGU】

 
  • 武具や持ち物をはじめとする様々な小道具 『絵本太功記』「尼ヶ崎閑居の場」2005年(平成17年)11月国立劇場で使用(Y_E0100246900384)
 歌舞伎における小道具とは、主に俳優が直接手に持ったり身につけるものとあらかじめ舞台【ぶたい】にセットされているものの、二つに大きく分けることができます。
 刀や鎧【よろい】などの「武具」、「持ち物」といわれる草鞋【わらじ】や下駄【げた】などの履【は】き物、舞台の上に飾【かざ】られている家具や掛け軸【かけじく】などもすべて小道具です。また馬や犬などのぬいぐるみ、駕籠【かご】などの乗り物も小道具です。
 大道具【おおどうぐ】で作られた大きな木に生えている枝を俳優が折って使うとします。木の本体は大道具ですが、枝は俳優が直接手に取って使うので小道具ということになります。

おすすめコンテンツ

関連項目

ページの先頭に戻る