ユネスコ無形文化遺産 歌舞伎への誘い INVITATION TO KABUKIユネスコ無形文化遺産 歌舞伎への誘い INVITATION TO KABUKI

演出と音楽

さまざまな情景の表現舞台装置による演出

歌舞伎の大道具は、背景を描いた「書割(かきわり)」、建物部分の「屋体(やたい)」、そのほかの岩組や樹木などを含みます。「書割」は、平面的に描かれるのが特徴で、リアルさよりも飾ったときの絵になる美しさを重視します。「屋体」は、場面転換をスムーズに行うために、いくつかのパーツに分けて作られる点に特徴があります。また公演終了後には、基本的に解体されるため、必要以上に頑丈に作られることはありません。

歌舞伎には、「決まっている形式」という意味で「定式(じょうしき)」という言葉があります。使用例としては「定式幕(じょうしきまく)」が有名ですが、大道具にも「定式」が存在します。
下の2つの図は、異なる作品のある場面の大道具を描いたものです。建物の床の高さ、正面の3段の黒い階段、「瓦燈口(かとうくち)」とよばれる独特な形の入口がある点などが共通しています。
この大道具は、「時代物(じだいもの)」の御殿の場面に使用される「天王建(てんのうだて)」とよばれる大道具です。このように複数の作品で利用される、類型的な大道具を「定式大道具(じょうしきおおどうぐ)」といいます。「定式大道具」が作られるようになった背景には、場面の類型化があります。歌舞伎の脚本は発展するに従って、多くの類型的な場面を生み出しました。類型化されていった寺院や御殿などの場面の大道具は、必然的に似た作りになっていきます。江戸時代の芝居小屋では、類型的な場面の大道具を常備して使いまわすようになり、それが「定式大道具」となりました。

『妹背山婦女庭訓』「三笠山御殿の場」(装置・釘町久磨次)

『義経千本桜』「河連法眼館の場」(装置・釘町久磨次)

『妹背山婦女庭訓』「三笠山御殿の場」(装置・釘町久磨次)

『義経千本桜』「河連法眼館の場」(装置・釘町久磨次)

また大道具の床の高さにも、「常足(つねあし)」・「中足(ちゅうあし)」・「高足(たかあし)」という「定式」があります。
最も多く使われる「常足」は、高さ1尺4寸[約42センチ]で、百姓家や商家、下級武士の家などで使用されます。「高足」は、その倍の高さ2尺8寸[約84センチ]で、上記の「天王建」のような御殿や公家(くげ)・大名の屋敷などで使用されます。この中間には、あまり使用されませんが、2尺1寸[約63センチ]の「中足」があります。このように歌舞伎の大道具の高さは7寸刻み[約21センチ刻み]で作られており、俳優はこの高さを体で覚えているため、演技をスムーズに行なうことができます。