ユネスコ無形文化遺産 歌舞伎への誘い INVITATION TO KABUKIユネスコ無形文化遺産 歌舞伎への誘い INVITATION TO KABUKI

演出と音楽

さまざまな情景の表現舞台装置による演出

歌舞伎の舞台装置は、配置されたときの美しさを重視して、平面的な絵のように構成されることが通例です。風景を表す「書割(かきわり)」や、建物を表す「屋体(やたい)」などの大道具や、さまざまな種類の幕が用いられます。

歌舞伎では、物語の構成や演出の仕方にも一定の様式があり、場面の設定も多くは類型化されています。そのため、それらの場面で求められる舞台装置も、類型化されているのです。とくによく用いられるものは、劇場に常備され、決まったやり方という意味の、「定式(じょうしき)」という言葉を付けて呼ばれます。たとえば三色の引き幕を「定式幕(じょうしきまく)」、御殿や寺院など典型的な場面の大道具を「定式大道具(じょうしきおおどうぐ)」と呼んでいます。

『妹背山婦女庭訓』「三笠山御殿の場」(装置・釘町久磨次)

『義経千本桜』「河連法眼館の場」(装置・釘町久磨次)

『妹背山婦女庭訓』「三笠山御殿の場」(装置・釘町久磨次)

『義経千本桜』「河連法眼館の場」(装置・釘町久磨次)

日本の家屋は一般的に、靴を脱ぎ床へ上がる構造になっています。ですから、屋内の場面では、舞台に台を組んで、床を設ける必要があります。

床の高さは、場面によって使い分けられます。たとえば、一般の民家や下級の武士の家の床は、「常足(つねあし)」という、約42センチの高さに組まれますが、御殿や大名の屋敷などでは、「高足(たかあし)」という、約84センチの高さに組まれます。

常足の大道具(『青砥稿花紅彩画』「浜松屋見世先の場」)(装置・釘町久磨次)

常足の大道具(『青砥稿花紅彩画』「浜松屋見世先の場」)(装置・釘町久磨次)