ユネスコ無形文化遺産 歌舞伎への誘い INVITATION TO KABUKIユネスコ無形文化遺産 歌舞伎への誘い INVITATION TO KABUKI

演出と音楽

音による表現長唄ながうた

『勧進帳』
国立劇場(Y_E0100242012022)

「歌いもの(うたいもの)」に分類される三味線音楽の1つです。歌舞伎舞踊の伴奏音楽として生まれました。演奏者は、「唄方(うたかた)」と「三味線方(しゃみせんかた)」で「下座音楽」の多くを担当しているため、歌舞伎の音の表現において大きな役割を担っています。

三味線は、繊細なメロディーを演奏するのに適している「細棹(ほそざお)」とよばれる高い音色の種類を使用します。

舞台の上で演奏する出囃子の際には、基本的に緋色の毛氈(もうせん)が掛けられた台の上に並んで演奏します。

『勧進帳』
国立劇場(Y_E0100242012022)