ユネスコ無形文化遺産 歌舞伎への誘い INVITATION TO KABUKIユネスコ無形文化遺産 歌舞伎への誘い INVITATION TO KABUKI

演出と音楽

音による表現下座げざ

舞台下手(しもて)にある「黒御簾(くろみす)」の中で演奏される音楽で、「下座音楽(げざおんがく)」ともよばれます。

下座音楽には、相当な数の曲目・演奏法がありますが、大きく次の3つに分類できます。

1つ目は、三味線の伴奏に合わせて唄われる「唄(うた)」です。通常は、複数の「長唄(ながうた)」の「唄方(うたかた)」によって歌われますが、中にはしんみりした場面を効果的に表現するため、1人の「唄方」によって歌われる場合もあります。

2つ目は、三味線による演奏曲です。三味線のみで演奏されることが通例ですが、唄が入る曲もあります。

3つ目は、三味線以外の楽器で演奏される「鳴物(なりもの)」です。曲もありますが、風や雨など自然を表す音、動物の鳴き声、幽霊などが登場する際の音などの効果音も多く存在します。

下座が演奏されるのは、「幕開(まくあき)」・「幕切(まくぎれ)」や場面の転換、人物の出入りやせりふの最中で、舞台の進行や、舞台の雰囲気を作り出す役割を果たしているのです。

「薄ドロ」という鳴物の音とともに登場する仁木弾正

平成10(1998)年11月
国立劇場大劇場 第210回歌舞伎公演
『伽羅先代萩』「足利家床下の場」
仁木弾正:松本幸四郎【9】(現:松本 白鸚【2】)