ユネスコ無形文化遺産 歌舞伎への誘い INVITATION TO KABUKIユネスコ無形文化遺産 歌舞伎への誘い INVITATION TO KABUKI

演出と音楽

音による表現耳でも楽しむ歌舞伎

歌や踊りを源流に持つ歌舞伎には音楽や音による豊かな表現があります。歌も楽器の演奏も、すべてその場で行われますから、耳でも大いに楽しむことができます。

まず、下手(舞台向かって左)にある、簾(すだれ)が掛かった黒御簾(くろみす)という小部屋では、舞台の進行に合わせて、効果音や音楽が奏でられ、その場の情景を描写します。唄と三味線(しゃみせん:弦楽器の一種)による長唄(ながうた)という声楽と、打楽器や笛を中心とした数十種類もの楽器による鳴物(なりもの)という楽器群による編成です。舞踊が演じられるときには、舞台正面の台に並んで演奏することもあります。

一方、同様に三味線を伴いながら、より物語の内容を伝えようとする、浄瑠璃(じょうるり)という音楽が、伴奏される演目もあります。人形浄瑠璃の演目を歌舞伎へ移す際に、あわせて取り入れられた義太夫節(ぎだゆうぶし)という音楽は、歌舞伎では竹本(たけもと)と呼ばれ、多くの演目で進行を支えています。おおらかな曲調の常磐津節(ときわずぶし)や、哀切な曲調の清元節(きよもとぶし)なども、とくに舞踊の伴奏として欠かせない浄瑠璃です。

また、四角柱の木製音具を使用した、幕の開閉や場面の転換などを知らせる柝(き)や、俳優の演技を強調したり足音を表したりするツケという効果音もあります。

柝