ユネスコ無形文化遺産 歌舞伎への誘い INVITATION TO KABUKIユネスコ無形文化遺産 歌舞伎への誘い INVITATION TO KABUKI

役柄と俳優

佐藤忠信 実は源九郎狐さとうただのぶ げんくろうぎつね

登場する演目 | 『義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)』

役柄

歌舞伎には、神や仏、動物の精など、超自然的な役柄もあります。忠実な家臣・佐藤忠信は、実は鼓の皮にされた親狐を慕う子狐が化けているのですが、問い詰められて正体をあらわします。

扮装

平成17(2005)年7月
国立劇場大劇場 第67回歌舞伎鑑賞教室
『義経千本桜』「河連法眼館の場」
佐藤忠信 実は 源九郎狐:市川 右近【1】(現:市川 右團次【3】)

白い生地に白い絹糸をよじって刺繍(ししゅう)する「毛縫(けぬい)」という衣裳を身に着け、独特のしぐさや言葉づかいで、狐を演じます。絹糸は、尻尾を表現するために、長くたらした帯にも刺繍されています。