ユネスコ無形文化遺産 歌舞伎への誘い INVITATION TO KABUKIユネスコ無形文化遺産 歌舞伎への誘い INVITATION TO KABUKI

役柄と俳優

関兵衛 実は大伴黒主せきべえ おおとものくろぬし

登場する演目 | 『積恋雪関扉(つもるこいゆきのせきのと)』

役柄

敵役(かたきやく)のなかでも、国を乗っ取ろうとするような器の大きな役柄が「国崩し(くにくずし)」です。大伴黒主は、関所の番人・関兵衛を装いますが、追い詰められて、天下を狙う大悪人としての正体をあらわします。

扮装

平成3(1991)年1月
国立劇場大劇場 第164回歌舞伎公演
『積恋雪関扉』「逢坂山関所の場」
関守関兵衛 実は 大伴黒主:市川 團十郎【12】

自らの本性を明かす場面で、関兵衛の衣裳は公家の着る「束帯(そくたい)」へ、髪型は敵役で使用される「王子(おうじ)」へ瞬間的に変化します。このように役の性格の変化に合わせて衣裳や髪型が変わる演出には、役を端的に表現するという歌舞伎の扮装の特徴がよく現れています。