伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

やつし

【やつし】

【YATSUSHI】

 
  • 身をやつす代表的な役の一つ伊左衛門 『廓文章』5代目中村富十郎の伊左衛門 1980年(昭和55年)3月国立劇場(Y_E0100176000282)
 和事【わごと】の演技、演出の一種です。何らかの理由で高貴な身分の人物が落ちぶれた様子を演じるものです。元禄【げんろく】時代のお家騒動物【おいえそうどうもの】の中に組み込まれて発達しました。みすぼらしい身なりと、元は立派な身分であることから自然と出る上品で柔【やわ】らかなしぐさとの落差がやつしの面白いところで、演じる俳優には軽妙【けいみょう】さとおかし味が必要とされます。代表的な役として、『廓文章【くるわぶんしょう】』の藤屋伊左衛門【ふじやいざえもん】などが挙げられます。

おすすめコンテンツ

関連項目

ページの先頭に戻る