伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

八重垣姫

【やえがきひめ】

【YAEGAKIHIME】

 
  • 恋心を訴える八重垣姫 『本朝廿四孝』12代目市川團十郎の勝頼 3代目中村鴈治郎(4代目坂田藤十郎)の八重垣姫 1999年(平成11年)11月国立劇場(Y_E0100216000237)
 『本朝廿四孝【ほんちょうにじゅうしこう】』の「十種香【じゅっしゅこう】」と「奥庭【おくにわ】」に登場する姫【ひめ】で、長尾謙信【ながおけんしん】の娘【むすめ】という設定です。「十種香」では、一度も会ったことがない許婚【いいなずけ】の武田勝頼【たけだかつより】にそっくりな簑作【みのさく】という男に恋心【こいごころ】を訴【うった】える「クドキ」が有名で、「奥庭」は狐【きつね】が乗り移り奇跡【きせき】が起こる幻想的【げんそうてき】な場面となっています。『鎌倉三代記【かまくらさんだいき】』の時姫、『祇園祭礼信仰記【ぎおんさいれいしんこうき】』の雪姫とともに「三姫」の一人に数えられています。赤い振袖【ふりそで】と打掛【うちかけ】を着ているため「赤姫【あかひめ】」とよばれ、吹輪【ふきわ】とよばれる鬘【かつら】も姫の典型的な髪型【かみがた】です。

おすすめコンテンツ

関連項目

ページの先頭に戻る