伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

念仏踊

【ねんぶつおどり】

【NEMBUTSUODORI】

 
  • 財団法人大和文華館蔵 撮影 城野誠治
 平安【へいあん】時代に始まったといわれています。お盆【ぼん】や仏事のときに念仏などを唱えながら、鉦太鼓【かねだいこ】を打ち鳴らし踊ります。もともとは宗教行事でしたが、室町【むろまち】時代には娯楽【ごらく】としての意味合いが強くなりました。念仏を唱える間に恋【こい】の小歌【こうた】などを交え、それに合わせて踊るようになりました。
 出雲の阿国【いずものおくに】はこうした娯楽としての念仏踊りをかぶき踊り【かぶきおどり】のなかで踊ったようです。

おすすめコンテンツ

関連項目

ページの先頭に戻る