伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

人形振り

【にんぎょうぶり】

【NINGYOBURI】

 
人形振り 『松竹梅雪曙』(『伊達娘恋緋鹿子』)5代目坂東玉三郎のお七 1986年(昭和61年)1月国立劇場
 義太夫狂言【ぎだゆうきょうげん】や舞踊【ぶよう】などで、人形の動きをまねたぎくしゃくした動きで演じる特殊【とくしゅ】な演出をさします。娘【むすめ】役などの極度に緊張【きんちょう】し高ぶった気持ちを表現するために多く用いられ、女方【おんながた】の演技の見せ場となります。代表例として、映像の『松竹梅雪曙【しょうちくばいゆきのあけぼの】』のお七などが挙げられます。また『壇浦兜軍記【だんのうらかぶとぐんき】』の岩永左衛門【いわながさえもん】など道化がかった敵役【かたきやく】が演じる例もあります。多くは、演じる俳優の弟子が黒衣【くろご】を着て人形遣い【にんぎょうづかい】に扮【ふん】します。

おすすめコンテンツ

関連項目

  • 義太夫狂言

    【ぎだゆうきょうげん】 【GIDAYUKYOGEN】
  • 松竹梅雪曙

    【しょうちくばいゆきのあけぼの】 【SHOCHIKUBAIYUKINOAKEBONO】
  • お七

    【おしち】 【OSHICHI】
  • 壇浦兜軍記

    【だんのうらかぶとぐんき】 【DANNOURAKABUTOGUNKI】
  • 敵役

    【かたきやく】 【KATAKIYAKU】
  • 黒衣

    【くろご】 【KUROGO】
  • 女方

    【おんながた(おやま)】 【ONNAGATA】

ページの先頭に戻る