伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

鳴神

【なるかみ】

【NARUKAMI】

 
  • 怒りをあらわにした鳴神上人 『雷神不動北山桜』12代目市川團十郎の鳴神上人 1996年(平成8年)1月国立劇場(Y_E0100197000303)
 歌舞伎十八番【かぶきじゅうはちばん】の一つ。
初代市川團十郎【いちかわだんじゅうろう】が、初めて鳴神上人【なるかみしょうにん】の役を演じたのは、1684年(貞享【じょうきょう】元年)のことです。その後2代目團十郎は、何度もつとめ得意な役としました。現在上演されている『鳴神』は、1742年(寛保【かんぽう】2年)に2代目團十郎が演じた『雷神不動北山桜【なるかみふどうきたやまざくら】』という作品の一部です。この作品には、同じ歌舞伎十八番【かぶきじゅうはちばん】の『毛抜【けぬき】』や『不動【ふどう】』も入っていました。
 鳴神上人は朝廷【ちょうてい】をうらみ、竜神【りゅうじん】を滝【たき】つぼに閉じ込めることで、雨が降らないようにしました。こまった朝廷では、雲の絶間姫【くものたえまひめ】という女性を鳴神上人のところへ使者として向かわせます。鳴神上人を油断させて、竜神を逃【に】がそうというわけです。鳴神上人は、姫を警戒【けいかい】していましたが次第に心をゆるし、飲んだことのない酒を飲まされて、寝【ね】てしまいます。そのすきに姫は、竜神を放って自分も逃げてしまいます。激しく雨の降る中、目覚めた鳴神上人は、姫にだまされたこと知って激しく怒【いか】り、止める弟子を相手に大暴れをして、姫を追いかけていきます。怒りの表現は荒事【あらごと】で演じられ、最後は花道【はなみち】を六方【ろっぽう】で引込むことで、姫を追いかける様子を表現します。
 8代目團十郎が演じた後、上演が途絶【とだ】えていましたが、1910年(明治43年)に2代目市川左團次【いちかわさだんじ】が復活させました。現在でも人気が高く、度々上演されます。また、原作の『雷神不動北山桜』は、1967年(昭和42年)国立劇場【こくりつげきじょう】で2代目尾上松緑【おのえしょうろく】によって復活されました。

おすすめコンテンツ

関連項目

ページの先頭に戻る