文化デジタルライブラリー

中村七三郎[初代]

【なかむらしちさぶろう】

【NAKAMURASHICHISABURO】

 
  • 初代中村七三郎(『むさし鐙』より) 東京都立中央図書館加賀文庫蔵
 中村七三郎[初代](1662~1708)。元禄【げんろく】時代を代表する名優で、主に江戸で活躍【かつやく】しました。初代市川團十郎【いちかわだんじゅうろう】に匹敵【ひってき】するほどの実力と人気があり、容姿がよく、荒事【あらごと】を得意とした團十郎とは対照的に和事【わごと】が得意でした。
 1698年(元禄11年)に京都に上って主演した『傾城浅間嶽【けいせいあさまがたけ】』は120日間も続演される大評判で、七三郎の和事の演技は、初代坂田藤十郎【さかたとうじゅうろう】を驚【おどろ】かせるほど見事なものだったといわれています。

おすすめコンテンツ

関連項目

ページの先頭に戻る