文化デジタルライブラリー

中村座

【なかむらざ】

【NAKAMURAZA】

 
  • 江戸時代中期の中村座 『中村座芝居前』国立劇場所蔵(56727)
 江戸時代から続いた芝居小屋【しばいごや】。初代中村(猿若)勘三郎【なかむら(さるわか)かんざぶろう】によって1624年(寛永【かんえい】元年)に猿若座【さるわかざ】という名前で作られたのが始まりといわれています。江戸で最も権威【けんい】のある芝居小屋として認められていました。
 1842年(天保【てんぽう】13年)、堺町【さかいちょう】から猿若町【さるわかまち(ちょう)】に移転しました。明治時代に入ってからも場所や名前を変えて存続していました。しかし1893年(明治26年)に焼失し、再興されることはありませんでした。

おすすめコンテンツ

関連項目

  • 楽屋

    【がくや】 【GAKUYA】
  • 猿若町

    【さるわかまち(ちょう)】 【SARUWAKAMACHI(CHO)】
  • 中村家(勘三郎系)

    【なかむらけ(かんざぶろうけい)】 【NAKAMURAKE(KANZABUROKEI)】

ページの先頭に戻る