文化デジタルライブラリー

戸浪

【となみ】

【TONAMI】

 
  • 石持を着た戸浪 『菅原伝授手習鑑』4代目中村雀右衛門の戸浪 1981年(昭和56年)12月国立劇場(Y_E0100113000143)
 『菅原伝授手習鑑【すがわらでんじゅてならいかがみ】』に登場する武部源蔵【たけべげんぞう】の女房【にょうぼう】です。貞淑【ていしゅく】で夫や親を細やかに思いやる歌舞伎の女房役の典型例の一つです。
 写真の戸浪が着ている石持【こくもち】は、身分の低いことや事情があって身をやつしていることを表し、世話女房の典型的な衣裳【いしょう】です。

おすすめコンテンツ

関連項目

  • 菅原伝授手習鑑

    【すがわらでんじゅてならいかがみ】 【SUGAWARADENJUTENARAIKAGAMI】
  • 石持

    【こくもち】 【KOKUMOCHI】
  • 衣裳

    【いしょう】 【ISHO】
  • 【かつら】 【KATSURA】

ページの先頭に戻る