伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

積恋雪関扉

【つもるこいゆきのせきのと】

【TSUMORUKOIYUKINOSEKINOTO】

 
  • 『積恋雪関扉』5代目坂東玉三郎の小町桜の精 12代目市川團十郎の黒主 1991年(平成3年)1月国立劇場(Y_E0100164000276)
 常磐津【ときわず】の舞踊劇【ぶようげき】。1784年(天明【てんめい】4年)、桐座【きりざ】で『重重人重小町桜【じゅうにひとえこまちざくら】』の一場面として初演されました。初演の時に主役の「関兵衛【せきべえ】実は大伴黒主【おおとものくろぬし】」を演じた初代中村仲蔵【なかむらなかぞう】の振【ふ】りが伝わっているといわれています。天下を乗っ取ろうと企【くわだ】てる大伴黒主と真冬に咲【さ】く小町桜の精を巡【めぐ】る変化に富んだ幻想的【げんそうてき】な内容で、天明期の顔見世舞踊【かおみせぶよう】の雰囲気【ふんいき】を伝えています。演出的にも「ぶっ返り」や「海老反り【えびぞり】」などの見どころがあります。

おすすめコンテンツ

関連項目

ページの先頭に戻る