伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

ツケ

【つけ】

【TSUKE】

 
幕切に打たれるツケ 『音菊天竺徳兵衛』8代目坂東彦三郎の細川修理之助 7代目尾上菊五郎の大日丸 6代目澤村田之助の梅津掃部 1999年(平成11年)10月国立劇場
 舞台【ぶたい】の上手【かみて】の端【はし】で、2本の木を板に打ちつけてバタバタと音を出すことをいいます。見得【みえ】の瞬間【しゅんかん】を強調したり、駆【か】け出す時の足音や物が落ちた時の音を際立たせるために打たれます。
 映像は、幕切【まくぎれ】の見得に合わせて打たれる「打上げ」と呼ばれる打ち方です。次第【しだい】に早く打たれる「バタバタバタ」というツケの音が、幕切を盛り上げます。

おすすめコンテンツ

関連項目

ページの先頭に戻る