伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

壇浦兜軍記

【だんのうらかぶとぐんき】

【DANNOURAKABUTOGUNKI】

 
  • 通称「阿古屋琴責」の一場面 『壇浦兜軍記』5代目坂東玉三郎の阿古屋 4代目中村梅玉の重忠 5代目片岡我當の岩永 1997年(平成9年)1月国立劇場(Y_E0100202000102)
 1732年(享保【きょうほう】17年)に大坂の竹本座【たけもとざ】で人形浄瑠璃【にんぎょうじょうるり】の作品として初演され、翌年大坂で歌舞伎に移されました。
 平家の滅亡【めつぼう】後、源氏方に追われる平家の武将悪七兵衛景清【あくしちびょうえかげきよ】とその恋人【こいびと】の遊女阿古屋【あこや】を描【えが】いた作品です。
 歌舞伎で上演されるのは、通称【つうしょう】「阿古屋琴責【ことぜめ】」とよばれる場面です。源氏方の秩父庄司重忠【ちちぶのしょうじしげただ】が、景清の居場所を明かさない阿古屋に琴・三味線【しゃみせん】・胡弓【こきゅう】を弾【ひ】かせます。阿古屋を演じる女方が、舞台【ぶたい】上で実際にこれらの楽器を演奏することで有名な作品です。

おすすめコンテンツ

関連項目

  • 人形浄瑠璃

    【にんぎょうじょうるり】 【NINGYOJORURI】
  • 阿古屋

    【あこや】 【AKOYA】
  • 三味線

    【しゃみせん】 【SHAMISEN】
  • 女方

    【おんながた(おやま)】 【ONNAGATA】
  • 景清

    【かげきよ】 【KAGEKIYO】
  • 【こと】 【KOTO】
  • 責め場

    【せめば】 【SEMEBA】

ページの先頭に戻る