伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

太鼓

【たいこ】

【TAIKO】

 
俳優によって舞台上で演奏される締太鼓 『昔語黄鳥墳』7代目市川染五郎の源之助 6代目中村東蔵の玉木 2007年(平成19年)10月国立劇場
 歌舞伎では、さまざまな太鼓が使用されますが、代表的なものとして大太鼓と締太鼓【しめだいこ】を挙げることができます。大太鼓は直径80~90cm、一日のなかで開場や閉場の合図として打たれます。また下座【げざ】では、雨や波を表す効果音などに使用されます。
 締太鼓は直径は約26cm、下座や踊【おど】りの演奏で使われます。映像は、舞台上で俳優が自ら締太鼓を演奏する珍しい場面です。

おすすめコンテンツ

関連項目

ページの先頭に戻る