伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

千秋楽(千穐楽)

【せんしゅうらく】

【SENSHURAKU】

 
 公演の最終日のことを指し、略して「楽【らく】」ともいいます。相撲【すもう】や歌舞伎以外の演劇でも使われていますが、歌舞伎では「千穐楽【せんしゅうらく】」とも書きます。江戸時代の芝居小屋【しばいごや】は、木造だったためよく火事で焼失してしまい、建て直すまで芝居ができなくなりました。そのため「秋」の字の「火」をきらって「穐」という字を使ったのです。

ページの先頭に戻る