伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

世話物

【せわもの】

【SEWAMONO】

 
  • 代表的な世話物の一つ『梅雨小袖昔八丈』 5代目坂東秀調の善八 2代目尾上辰之助(4代目尾上松緑)の勝奴 5代目坂東八十助(10代目坂東三津五郎)の髪結新三 3代目河原崎権十郎の弥太五郎源七 1997年(平成9年)3月国立劇場(Y_E0100203000131)
 歌舞伎の演目【えんもく】は、内容によって世話物と時代物【じだいもの】の2つに大きく分けることができます。
 世話物は江戸時代の庶民【しょみん】からみて、現在の生活を題材にして作られたものです。登場人物は、当時の町人が中心です。物語の多くは、江戸時代に世間で起きた事件を題材にしています。義理人情を中心に描【えが】いたものが数多く上演されました。庶民にとっては作品の世界が自分の生活に近いため、登場人物に同情したり親しみを感じたりできたのです。現在のテレビドラマと同じような感覚です。

おすすめコンテンツ

関連項目

ページの先頭に戻る