伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

実事

【じつごと】

【JITSUGOTO】

 
  • 実事の代表的な役の一つ大星由良之助 『仮名手本忠臣蔵』3代目中村鴈治郎(4代目坂田藤十郎)の由良之助 2002年(平成14年)11月国立劇場(Y_E0100231080009)
 立役【たちやく】の役柄【やくがら】の一つを指すとともに、演技の一系統を意味します。誇張【こちょう】された力を表現する荒事【あらごと】、優美で時には滑稽【こっけい】な表現の伴【ともな】う和事【わごと】に対して、実事では、誠実な人物が悲劇的な状況の中で苦悩【くのう】しながらも事件に立ち向かう姿を描【えが】きます。代表的な役には『仮名手本忠臣蔵【かなでほんちゅうしんぐら】』の大星由良之助【おおぼしゆらのすけ】、『一谷嫩軍記【いちのたにふたばぐんき】』の熊谷(次郎)直実【くまがい(じろう)なおざね】などがあげられ、いずれも内面的な演技が要求されます。

おすすめコンテンツ

関連項目

ページの先頭に戻る