伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

実悪

【じつあく】

【JITSUAKU】

 
  • 実悪の代表的な役の一つ松永大膳 『祇園祭礼信仰記』4代目中村雀右衛門の雪姫 5代目中村富十郎の松永大膳 1997年(平成9年)11月国立劇場(Y_E0100205000052)
 敵役【かたきやく】の役柄【やくがら】のひとつ。謀反【むほん】を企【たくら】む首領格の悪人をさします。お家騒動物【おいえそうどうもの】に登場する実悪は特に「国崩し【くにくずし】」とも呼ばれます。顔を白く塗【ぬ】り、燕手【えんで】や王子【おうじ】などの鬘【かつら】を付けることが多く、冷酷【れいこく】かつ堂々とした姿をしています。『祇園祭礼信仰記【ぎおんさいれいしんこうき】』の松永大膳【まつながだいぜん】や『伽羅先代萩【めいぼくせんだいはぎ】』の仁木弾正【にっきだんじょう】などが代表で、いずれも主役に匹敵【ひってき】する重要な役です。

おすすめコンテンツ

関連項目

ページの先頭に戻る