伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

猿若町

【さるわかまち(ちょう)】

【SARUWAKAMACHI(CHO)】

 
  • 江戸時代の猿若町の賑わい 広重画
 江戸末期に江戸三座【えどさんざ】や人形浄瑠璃【にんぎょうじょうるり】の芝居小屋【しばいごや】が集まった芝居町です。現在の浅草【あさくさ】六丁目付近にあたります。
 天保の改革【てんぽうのかいかく】が始まった1841年(天保12年)、それまで別々の場所にあった江戸三座は移動を命じられました。場所は江戸郊外【こうがい】にある浅草聖天【あさくさしょうてん】町の大名屋敷【だいみょうやしき】の跡地【あとち】です。新しく作られた芝居町は、猿若町と名づけられました。この年は一丁目に中村座【なかむらざ】、二丁目に市村座【いちむらざ】が移り、翌年河原崎座【かわらさきざ】(森田座【もりたざ】)が三丁目に移ってきました。俳優をはじめ芝居関係者は、猿若町に住むように命じられました。人形浄瑠璃の芝居小屋も移動してきて、猿若町は大変賑【にぎ】やかな町となりました。
 猿若町は、1872年(明治5年)に守田座【もりたざ】が新富町【しんとみちょう】へ移動するまで、芝居の中心地として栄えました。

おすすめコンテンツ

関連項目

ページの先頭に戻る