伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

小鼓

【こつづみ】

【KOTSUZUMI】

 
俳優によって舞台上で演奏される小鼓 『傾城反魂香』片岡孝太郎のおとく 6代目片岡愛之助の又平 2004年(平成16年)7月国立劇場
 歌舞伎では、長唄【ながうた】や下座【げざ】に使われる楽器です。能【のう】にも使用されます。長さは約26cm、打つ部分は直径約20cmあります。
 演奏者は左手で持ち、右肩【みぎかた】に構えて打ちます。「ポン、ポン」というやわらかい音がします。映像は、実際に舞台上で俳優が小鼓を打っている『傾城反魂香【けいせいはんごんこう】』の一場面です。

おすすめコンテンツ

関連項目

  • 下座

    【げざ】 【GEZA】
  • 長唄

    【ながうた】 【NAGAUTA】
  • 【のう】 【NOH】

ページの先頭に戻る