伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

傾城買狂言

【けいせいがいきょうげん】

【KEISEIGAIKYOGEN】

 
  • 傾城買狂言の一つ『廓文章』 5代目中村松江(2代目中村魁春)の夕霧 5代目中村富十郎の伊左衛門 1980年(昭和55年)3月国立劇場(Y_E0100176000365)
 江戸時代の歓楽街【かんらくがい】、廓【くるわ】で遊ぶ客と遊女の様子を描【えが】いた作品をさし、最高位の遊女を傾城【けいせい】と呼ぶことから名付けられました。阿国歌舞伎【おくにかぶき】の「茶屋遊び」の踊【おど】りの流れを受け継【つ】ぐものとされています。元禄【げんろく】時代の上方【かみがた】ではお家騒動物【おいえそうどうもの】の中に取り入れられて盛んに上演され、この傾城買いの場面から和事【わごと】の様式が形作られたといわれています。

おすすめコンテンツ

関連項目

ページの先頭に戻る