伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

狂言

【きょうげん】

【KYOGEN】

 
  • 狂言をもとにした松羽目物の一つ『素襖落』 5代目中村富十郎の太郎冠者 5代目中村時蔵の姫御寮 2000年(平成12年)12月国立劇場(Y_E0100222000307)
 狂言とは、能【のう】の合間に演じられる芸能です。話し言葉を使った滑稽【こっけい】な劇で、当時の民衆たちの生活や感情が生き生きと表現されています。南北朝【なんぼくちょう】時代から室町【むろまち】時代にかけて発達しました。歌舞伎では、明治時代以降に狂言を舞踊【ぶよう】にした松羽目物【まつばめもの】が多く作られました。また、歌舞伎や浄瑠璃【じょうるり】の脚本【きゃくほん】や演目、芝居【しばい】そのものの意味としても狂言という言葉が用いられます。

おすすめコンテンツ

関連項目

  • 【のう】 【NOH】
  • 松羽目物

    【まつばめもの】 【MATSUBAMEMONO】

ページの先頭に戻る