文化デジタルライブラリー

亀屋忠兵衛

【かめやちゅうべえ】

【KAMEYACHUBE】

 
  • 上方和事を代表する役の一つ忠兵衛 『恋飛脚大和往来』4代目中村雀右衛門の梅川 片岡孝夫(15代目片岡仁左衛門)の忠兵衛 5代目片岡我當の八右衛門 1983年(昭和58年)4月国立劇場(Y_E0100121000055)
 近松門左衛門【ちかまつもんざえもん】作の人形浄瑠璃【にんぎょうじょうるり】『冥途の飛脚【めいどのひきゃく】』(歌舞伎では改作の『恋飛脚大和往来【こいびきゃくやまとおうらい】』が上演されています)の主人公で、飛脚問屋【ひきゃくどんや】亀屋の養子です。中でも通称「封印切【ふういんきり】」での忠兵衛の演技は、アドリブを交えたセリフが大きな特徴【とくちょう】で、上方【かみがた】の和事【わごと】を代表する役の一つといえます。

おすすめコンテンツ

関連項目

  • 近松門左衛門

    【ちかまつもんざえもん】 【CHIKAMATSUMONZAEMON】
  • 人形浄瑠璃

    【にんぎょうじょうるり】 【NINGYOJORURI】
  • 恋飛脚大和往来

    【こいびきゃくやまとおうらい・こいのたよりやまとおうらい】 【KOIBIKYAKUYAMATOORAI・KOINOTAYORIYAMATOORAI】
  • 和事

    【わごと】 【WAGOTO】

ページの先頭に戻る