伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

紙屋治兵衛

【かみやじへえ】

【KAMIYAJIHE】

 
  • 上方和事の代表的な役の一つ治兵衛 『河庄』3代目中村鴈治郎(4代目坂田藤十郎)の治兵衛 1997年(平成9年)11月国立劇場(Y_E0100205000173)
 近松門左衛門【ちかまつもんざえもん】作の人形浄瑠璃【にんぎょうじょうるり】『心中天網島【しんじゅうてんのあみじま】』の主人公です。歌舞伎では、後に作られた改作がたびたび上演されます。妻子がありながら遊女の小春【こはる】と恋仲【こいなか】になり、最後には心中して果てる治兵衛は、上方【かみがた】の和事【わごと】を代表する役の一つに数えられます。
 写真は、「河庄【かわしょう】」の場面の治兵衛です。

おすすめコンテンツ

関連項目

ページの先頭に戻る