伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

鎌倉三代記

【かまくらさんだいき】

【KAMAKURASANDAIKI】

 
  • 時姫と許婚の三浦之助 『鎌倉三代記』9代目中村福助の時姫 5代目坂東八十助(10代目坂東三津五郎)の三浦之助 1995年(平成7年)1月国立劇場(Y_E0100191000032)
 1781年(天明【てんめい】元年)に江戸の肥前座【ひぜんざ】で人形浄瑠璃【にんぎょうじょうるり】の作品として初演され、その後歌舞伎に移された時代物【じだいもの】です。徳川家康【とくがわいえやす】が豊臣【とよとみ】家を滅【ほろ】ぼした大坂夏の陣【おおさかなつのじん】を脚色【きゃくしょく】した内容となっています。
 この作品に登場する時姫【ときひめ】は「三姫」とよばれる「赤姫」の大役の一つとして有名で、敵味方に分かれて戦う父と許婚【いいなずけ】の三浦之助【みうらのすけ】の板ばさみに苦しみながらも父を討つことを決意するという難しい役どころとなっています。

おすすめコンテンツ

関連項目

ページの先頭に戻る