伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

かぶき踊り

【かぶきおどり】

【KABUKIODORI】

 
  • 男装で演じられた茶屋遊びの様子 『阿国歌舞伎図屏風』京都国立博物館所蔵
 1603年(慶長【けいちょう】8年)に出雲の阿国【いずものおくに】が、京都で踊ったという記録が残っています。かぶき者と呼ばれる派手な服を着たり大きな刀を持って街を歩いたりしていた若い男の格好をして、流行の茶屋遊び【ちゃやあそび】などの様子を踊ったといわれています。
 茶屋遊びやかぶき者の服装など、当時の流行を取り入れた阿国の踊りは庶民【しょみん】に大人気となりました。そのため、阿国をまねて男の姿で踊る女性の芸人がたくさん出たといわれています。

おすすめコンテンツ

関連項目

ページの先頭に戻る