伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

敵役

【かたきやく】

【KATAKIYAKU】

 
  • 助六に登場する敵役意休 『助六曲輪菊』17代目市村羽左衛門の意休 1977年(昭和52年)1月国立劇場(Y_E0100083000200)
 歌舞伎の役柄【やくがら】の中で、悪役のことを指します。敵役は、設定によって分類することができます。代表的なものは、悪役の中でも取り分け悪い役「実悪【じつあく】」、公家のように位の高い悪人である「公家悪【くげあく】」、美男の悪人である「色悪【いろあく】」などが挙げられます。
 『暫【しばらく】』に出てくるウケは「公家悪」の代表的なもので、独特の藍色【あいいろ】を使った「公家荒れ【くげあれ】」という隈取【くまどり】。また「実悪」の中には、「国崩し【くにくずし】」と呼ばれる国を乗っ取るほどのスケールの大きな大悪人もいます。この役は、「王子【おうじ】」という肩【かた】にまで伸【の】びた髪【かみ】の鬘【かつら】をつけ、怪【あや】しさをあらわしています。敵役は、それぞれの衣裳【いしょう】や隈取、演技などを通して、その悪人ぶりを表現しているのです。写真は、『助六【すけろく】』に出てくる敵役の意休【いきゅう】です。

おすすめコンテンツ

関連項目

  • 衣裳

    【いしょう】 【ISHO】
  • 【かつら】 【KATSURA】
  • 公家荒れの隈

    【くげあれのくま】 【KUGEARE NO KUMA】
  • 隈取

    【くまどり】 【KUMADORI】
  • 【しばらく】 【SHIBARAKU】
  • 助六

    【すけろく】 【SUKEROKU】
  • 実悪

    【じつあく】 【JITSUAKU】
  • 色悪

    【いろあく】 【IROAKU】
  • 王子

    【おうじ】 【OJI】

ページの先頭に戻る