• 早わかり
    ポイントをビジュアル&ナレーションで
  • あらすじ
    あらすじが縦横無尽にわかる
  • 人物
    相関図から人物解説をみる
  • 名舞台
    演目鑑賞に欠かせない劇的見所解説
  • あれこれ
    源平の史実、豆知識など、周辺情報
  • クイズ
    義経千本桜20問クイズに挑戦
  • さがす
    索引-サイトマップ

あれこれ義経が登場する他演目『鬼一法眼三略巻』

『鬼一法眼三略巻』『一谷嫩軍記』『勧進帳』

義経の青年時代を描いた
『鬼一法眼三略巻
(きいちほうげんさんりゃくのまき)

『義経記(ぎけいき)』を題材に、若き日の義経(牛若丸(うしわかまる))と弁慶の出会いまでを描きます。現在では、「菊畑(きくばたけ)」「一条大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)」「五条橋(ごじょうばし)」の各場が単独で上演されることもあります。

「菊畑」

牛若丸は、虎蔵と名前を変えて平家方の鬼一法眼の館に雇われています。鬼一が持っている兵法の極意が書かれた「三略巻」を手に入れ、源氏を再興しようというのです。
牛若丸の思いを知った鬼一は、その昔、源氏方についていた自分が天狗の姿になって、鞍馬山で牛若丸に剣術を教えたことを話し、牛若丸に恋心を抱いていた娘の婿(むこ)にむかえることで、三略巻の一つ虎の巻を与えます。それは源氏再興が鬼一の願いでもあったことの証でした。しかし、鬼一自身は、源氏方でありながら平家に仕えたことを悔やみ自害してしまいます。

「一条大蔵譚」

義経の母、常盤御前(ときわごぜん)は、阿呆(あほ)の公家、一条大蔵卿(いちじょうおおくらきょう)と再婚し、弓遊びに明け暮れる毎日。源氏再興の望みを捨てているかに見えますが、後に弓遊びは平清盛(たいらのきよもり)の死を祈るまじないであることが判り、大蔵卿も、源氏方であることを隠すために阿呆を装っていたことが明かされます。

「五条橋」

舞踊で演じられる一幕。五条大橋で弁慶が牛若丸と出会い主従の縁を結びます。

上演記録

1731年(享保16年)9月に人形浄瑠璃として大坂・竹本座で初演。作者は文耕堂・長谷川千四。翌年には、京・嵐小六座や大坂・嵐国石座で歌舞伎として上演。

一の谷の戦いの人間模様を描く
『一谷嫩軍記
(いちのたにふたばぐんき)

『平家物語』の世界から、一の谷の戦いでの岡部六弥太(おかべろくやた)と平忠度(たいらのただのり)、熊谷次郎直実(くまがいじろうなおざね)と平敦盛(たいらのあつもり)の物語を中心に描きます。

この演目での源義経(みなもとのよしつね)は、平家方に温情をかける、知略に優れた人物として登場します。

岡部六弥太と熊谷次郎直実は源頼朝(みなもとのよりとも)より、平敦盛を討つために西国へ早く陣を進めるように命じられます。

一方、義経は岡部六弥太に、敵方ながら歌人として誉れ高い平忠度の歌が千載集に選ばれたことを忠度に伝えよと申し付け、熊谷次郎直実には、平敦盛を秘かに救うように命じます。敦盛を救うために息子小次郎を犠牲にせざるを得なかった熊谷は、戦の中で多くの犠牲が出ることに有為転変の無常を感じ出家します。この「熊谷陣屋」の幕切れは、小次郎の母の嘆きや敦盛を救った義経の恩情などがからんで劇的な名場面の1つです。

戦は進み、梶原景高(かじわらのかげたか)が忠度に不意打ちで戦いを挑んだ時、忠度は、自らの歌が千載集に選ばれたことを伝えてくれた恩ある六弥太に手柄をたてさせたいと願い、六弥太と相まみえて討ち取られます。六弥太はその手柄により加増されます。六弥太は、自分の出世も忠度の恩義があってこそと、敵の大将を思い出すのです。

上演記録

1751年(宝暦元年)12月に人形浄瑠璃として大坂・豊竹座で初演。並木宗輔・浅田一鳥・並木正三らの合作。翌年宝暦2年江戸・大坂で歌舞伎化。

弁慶の機転が義経を救う
『勧進帳(かんじんちょう)

能「安宅」をもとにつくられました。歌舞伎十八番の1つに数えられ、能の舞台や装束を取り入れた演出で人気があります。

奥州に逃れるため、安宅(あたか)の関を越えようとする義経一行。弁慶たちは山伏(やまぶし)に、義経は荷物を持つ強力(ごうりき)になりすましています。関守の富樫(とがし)は一行を怪しみ、本物の山伏なら、東大寺建立(こんりゅう)のための勧進帳を持っているはず、それを読めと迫りますが、弁慶は白紙の巻物をとりだし、あたかも読んでいるかのように振る舞います。これで危機を脱したかと思われましたが、今度は強力姿の義経が疑われます。とっさに弁慶が義経を金剛杖で打ち据えると、富樫は、主人の義経を打つことはあるまいと、関所の通過を許します。

危機を脱した一行。弁慶は義経に非道をわびますが、その機転がほめられます。そこへ富樫から酒が届きます。富樫は、主人を打ってまで関を越えようとする主従の姿に心を動かされ、全てを承知で通過を許していたのでした。弁慶は富樫からの酒を飲み延年の舞を舞います。

上演記録

1840年(天保11年)江戸河原崎座で歌舞伎として初演。3代目並木五瓶作。

ページの先頭に戻る