【謡曲(ようきょく)】

「謡曲」は、能で用いられる音楽のことで、「謡(うたい)」とも呼ばれます。能は、室町時代、将軍(しょうぐん)・足利義満(あしかがよしみつ)を後ろだてに、観阿弥(かんあみ)、世阿弥(ぜあみ)の親子が大成させた芸能で、主に武家階級の支持を受けながら発展しました。

0:24

はやわかり!日本の音楽の歴史
日本の伝統音楽について調べると、まず、その種類の多さに驚くことでしょう。これは、いろいろな時代に生まれた音楽がなくならずに現代まで伝えられ、演奏(えんそう)されているためで、日本の伝統音楽の大きな特長の一つです。ここでは、たくさんある中から代表的な音楽を9ジャンルご紹介します。

ページの先頭に戻る