【地歌(じうた)】

地歌は、江戸(えど)時代に上方(かみがた)、つまり今の京都や大阪のあたりで発展した三味線(しゃみせん)音楽です。平家琵琶を伝えていた盲目(もうもく)の音楽家達が三味線をひくようになって始まり、後には箏曲と密接に結びつきました。

0:24

はやわかり!日本の音楽の歴史
日本の伝統音楽について調べると、まず、その種類の多さに驚くことでしょう。これは、いろいろな時代に生まれた音楽がなくならずに現代まで伝えられ、演奏(えんそう)されているためで、日本の伝統音楽の大きな特長の一つです。ここでは、たくさんある中から代表的な音楽を9ジャンルご紹介します。

ページの先頭に戻る