はやわかり!日本の音楽の歴史

【ムービーを見るには】
全部通して見る [約6分]:上のボタンをクリック。
知りたいジャンルのみ見る:左上の9ジャンルから選び、クリック。
各ページのボタンでムービーが始まります。
【はじめに「日本の伝統音楽~原始から現代へ~」】
どこかで聞いたような楽器の音色、初めて聴く不思議なひびき、そしてどこかなつかしい歌。どれも、みなさんのおじいさんやおばあさんが生まれるよりもっと昔から、長く日本で伝えられてきた音楽、日本の伝統音楽なのです。これから一緒に日本の音楽の世界を探検しましょう。
【原始の音楽(げんしのおんがく)】
みなさんは、日本の神話を知っていますか? 天の岩戸の前でアメノウズメノミコトという女神が桶(おけ)をふみならしておどったとか、オオクニヌシノミコトがスサノオノミコトの家からにげ出すときにコトを持っていったと伝えられているように、原始時代にも音楽や踊りがあったことは間違いありません。けれど、残念ながらこの時代の音楽がどのようなものだったかは、わかりません。
【雅楽(ががく)】
日本古来の音楽や、大和国家誕生の頃に大陸から伝わった音楽、その影響(えいきょう)を受けて誕生(たんじょう)した歌などが、それぞれ宮廷で演奏される音楽として形を整え、「雅楽」が生まれます。「雅楽」は、現在に伝わる最も古い日本音楽と言えるでしょう。
【声明(しょうみょう)】
仏教の伝来とともに、仏教の儀式(ぎしき)で使われる声の音楽「声明」が伝わりました。外来語をそのままに歌うもの、後に日本語の歌詞によるものも作られました。「平家琵琶」や「謡曲」など、後の音楽にさまざまな影響(えいきょう)を与えました。
【平家琵琶[平曲](へいけびわ[へいきょく])】
「平家琵琶」は、平家一族の繁栄(はんえい)と没落(ぼつらく)をえがいた『平家物語』を、琵琶(びわ)をひきながら語る音楽です。「平曲」とも呼ばれ、鎌倉(かまくら)時代の初めごろ成立しました。琵琶法師という盲目(もうもく)の僧が語る物語は、広く庶民(しょみん)にまで親しまれました。
【謡曲(ようきょく)】
「謡曲」は、能で用いられる音楽のことで、「謡(うたい)」とも呼ばれます。能は、室町時代、将軍(しょうぐん)・足利義満(あしかがよしみつ)を後ろだてに、観阿弥(かんあみ)、世阿弥(ぜあみ)の親子が大成させた芸能で、主に武家階級の支持を受けながら発展しました。
【地歌(じうた)】
地歌は、江戸(えど)時代に上方(かみがた)、つまり今の京都や大阪のあたりで発展した三味線(しゃみせん)音楽です。平家琵琶を伝えていた盲目(もうもく)の音楽家達が三味線をひくようになって始まり、後には箏曲と密接に結びつきました。
【長唄(ながうた)】
「長唄」は江戸(えど)の歌舞伎(かぶき)と共に発展した三味線(しゃみせん)音楽です。後には、歌舞伎の舞台からはなれた音楽としても親しまれるようになりました。
【義太夫節(ぎだゆうぶし)】
「義太夫節」は、人形浄瑠璃(にんぎょうじょうるり)で用いられる音楽です。江戸(えど)時代、上方(かみがた)で、竹本義太夫(たけもとぎだゆう)が始めたもので、近松門左衛門(ちかまつもんざえもん)のすぐれた戯曲(ぎきょく)と共に人気を博しました。
【箏曲(そうきょく)】
「箏曲」は、いわゆる「おこと」をひきながら歌う音楽です。江戸(えど)時代初期、八橋検校(やつはしけんぎょう)が一般の人にもなじみやすい箏曲を築きました。やがて上方(かみがた)では地歌との交流を深め、江戸(えど)では物語性の強い箏曲が生まれました。
【琉球古典音楽(りゅうきゅうこてんおんがく)】
三味線(しゃみせん)は日本音楽に大きな影響(えいきょう)を与えましたが、その原型となる楽器は、中国から、琉球(りゅうきゅう)、つまり、今の沖縄を経由して日本に伝わったとされます。この楽器は沖縄で独自に発展し三線(さんしん)となります。「琉球古典音楽」は琉球王朝時代にはぐくまれた宮廷(きゅうてい)音楽で、三線音楽も「歌三線(うたさんしん)」として伝えられています。
【そしていま】
明治時代になってから西洋音楽が一気に流れ込み、日本の伝統音楽が軽視された時期もありました。今では逆に、世界にも例を見ない音楽の宝庫(ほうこ)として見直されています。わたしたち日本人の原点、伝統音楽にはまだまだたくさんの種類があります。このホームページでは、常に日本の音楽の中心となってきた声の音楽「歌唱」を紹介します。好きな項目(こうもく)を選んで、いろいろな歌唱に出会ってみましょう。

6:09

はやわかり!日本の音楽の歴史
日本の伝統音楽について調べると、まず、その種類の多さに驚くことでしょう。これは、いろいろな時代に生まれた音楽がなくならずに現代まで伝えられ、演奏(えんそう)されているためで、日本の伝統音楽の大きな特長の一つです。ここでは、たくさんある中から代表的な音楽を9ジャンルご紹介します。

ページの先頭に戻る