うた沢(うたざわ)

うた沢は、幕末に、旗本・笹本彦太郎(ささもとひこたろう)[1797-1857]を中心として、端唄から派生した三味線歌曲です。1857年[安政4年]に浅草の嵯峨御所(さがごしょ)*1への請願が通り、笹本は歌沢大和大掾(うたざわやまとのだいじょう)を受領し、正式に公認されました。成立当初は、御家人、畳屋、火消し、魚屋など端唄の同好者であった武士と町人が一緒に活動しています。三味線は中棹(ちゅうざお)*2を、撥(ばち)は、他の三味線小曲で用いる物より重めにした物を用います。端唄や小唄に比べ、唄がより重視されゆっくりしたテンポで演奏することと、他の小曲にはない三味線の「前弾き*3」が特徴です。

《コラム》
「うた沢」の先生は「一中節」?

注釈はこちら

  • 端唄・うた沢・小唄
    • 端唄
    • うた沢
    • 小唄
  • 参考曲
  • 楽譜・資料
  • 注釈・コラム

『伊呂波韻歌沢節大全』上野学園大学 日本音楽史研究所所蔵

伊呂波韻歌沢節大全

うた沢の詞章を集約したものです。「伊呂波韻」とは歌い出しをイロハ順に並べて整理していることを示します。「本調子の部」という項目が立てられており、三味線の調弦ごとに分類されていることがわかります。

ページの先頭に戻る