箏曲(そうきょく)

箏は、奈良時代直前に大陸より伝来し、雅楽の主要楽器として愛好されていました。室町時代末期に、福岡県久留米の善導寺(ぜんどうじ)の僧、賢順(けんじゅん)[?-1631]が箏の弾き歌いの筑紫流箏曲(つくしりゅうそうきょく)を樹立します。近世箏曲の基礎を作り上げたのは、その筑紫流箏曲を学んだ八橋検校(やつはしけんぎょう)*1[1614-1685]です。八橋検校は、歌曲の「組歌(くみうた)*2」13曲と、器楽曲の「段物(だんもの)*3」3曲を制定し、また箏曲に用いられる「平調子(ひらぢょうし)」という調弦を考案するなど、今日の生田流(いくたりゅう)、山田流(やまだりゅう)の箏曲の原型を作りました。

《コラム》
箏と琴、正しいのはどっち?

注釈はこちら

  • 箏曲
    • 生田流箏曲
    • 山田流箏曲
  • 2つの箏曲
  • 注釈・コラム
  • 生田流箏曲(いくたりゅうそうきょく)

    八橋検校が制定した箏曲を受け継ぎ、生田検校が創始した流派で、上方では地歌と結びついて発展を遂げました。

    詳細ページへ
  • 山田流箏曲(やまだりゅうそうきょく)

    山田検校が、河東節や謡曲を参考に、物語のような内容を持った新しい箏曲として江戸で創始した流派です。

    詳細ページへ

ページの先頭に戻る