催馬楽(さいばら)

催馬楽は、平安時代に、民間の流行歌や民謡などの詞章を題材に雅楽風の旋律によってつくられました。歌には、現在では笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき)、琵琶(びわ)、箏(そう)の伴奏が付きます。独唱者の打つ笏拍子(しゃくびょうし)は、歌唱者と伴奏者の間を調整する役割があります。

《コラム》源氏の君(げんじのきみ)も歌った?

注釈はこちら

  • 雅楽
    • 御神楽
    • 催馬楽
    • 朗詠
    • 今様
  • 参考曲
  • 楽譜・資料
  • 主な楽器
  • 注釈・コラム

『催馬楽歌笛譜』上野学園大学 日本音楽史研究所所蔵

催馬楽歌笛譜

『我門尓(わがかどに)』の題字下に拍子が記されています。カタカナ表記の詞章の左に記された点や線は旋律の動きを示し、「墨譜/博士(はかせ)」と呼ばれます。その多様な形から、この曲は、旋律が複雑で、リズムは等拍でないことがわかります。記号の上に記されている「中」「干」などの文字は、笛の音高を示します。

ページの先頭に戻る