催馬楽(さいばら)

催馬楽は、平安時代に、民間の流行歌や民謡などの詞章を題材に雅楽風の旋律によってつくられました。歌には、現在では笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき)、琵琶(びわ)、箏(そう)の伴奏が付きます。独唱者の打つ笏拍子(しゃくびょうし)は、歌唱者と伴奏者の間を調整する役割があります。

《コラム》源氏の君(げんじのきみ)も歌った?

  • 雅楽
    • 御神楽
    • 催馬楽
    • 朗詠
    • 今様
  • 参考曲
  • 楽譜・資料
  • 主な楽器
  • 注釈・コラム

コラム

源氏の君(げんじのきみ)も歌った?

『源氏物語(げんじものがたり)』は、平安時代、紫式部(むらさきしきぶ)によって書かれた長編物語です。「明石(あかし)」の巻では、箏を弾きながら『伊勢の海(いせのうみ)』を歌う源氏の君の姿が記されています。「紅葉賀(もみじのが)」の巻では、源氏の君らが舞楽『青海波(せいがいは)』を舞う場面があり、「胡蝶(こちょう)」の巻では、池に浮かべた船上で雅楽を奏したり、舞楽を舞ったりする船楽(ふながく)の様子が書かれているなど、音楽に関係する場面が盛りだくさんです。

『源氏物語絵色紙帖 明石』
京都国立博物館所蔵

ページの先頭に戻る