琉球古典音楽(りゅうきゅうこてんおんがく)

琉球古典音楽とは、琉球王朝[1429~1879年]の宮廷音楽として発達した音楽です。琉球[現在の沖縄県]は、14世紀に当時の明国[現在の中国]より正式な使者を迎えて以来、冊封使(さくほうし・さっぽうし)*1と呼ばれる使者が、1866年までの約500年間に23回訪れていました。この使者を歓待するため、宮廷芸能[歌三線(うたさんしん)、舞踊]は発達しました。現在に伝わる三線音楽の基礎は、現在の湛水流の始祖、湛水親方幸地賢忠(たいすいうぇーかた こうちけんちゅう1623-1683)により確立したといわれています。「歌三線」では、ニシキ蛇の皮が張られた三線を、歌を歌いながら演奏*2します。歌は、「琉歌(りゅうか)の形式」と呼ばれる八八八六の30文字*3や、五五八六の24文字からなる「仲風 (なかふう)形式」などで構成されています。

《コラム》物資不足が生んだユニークな三線

注釈はこちら

  • 参考曲
  • 楽譜・資料
  • 主な楽器
  • 注釈・コラム

『屋嘉比朝寄工工四(やかびちょうきくんくんしぃ)』
東京藝術大学附属図書館所蔵

屋嘉比朝寄工工四(やかびちょうきくんくんしぃ)

「工工四」とは三線の楽譜で、勘所(かんどころ)[弦を指先で押さえる位置]が漢数字や文字で示され、詞章も表記されています。屋嘉比朝寄[1716-1775]がまとめた『屋嘉比朝寄工工四』は、琉球古典音楽117曲を収め、これは現存する最古の工工四と言われます。

ページの先頭に戻る