朗詠(ろうえい)

朗詠は、漢詩の詞章に曲節を付け、自由なリズムで歌われます。平安時代以降は、管絃*1の遊びの折などに行われました。その詞章となる詩歌を集めたものに『和漢朗詠集 (わかんろうえいしゅう)』*2などがあります。現在では、催馬楽と同様に、管絃の演奏会で取り上げられています。伴奏は、笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき)の三管です。

注釈はこちら

  • 雅楽
    • 御神楽
    • 催馬楽
    • 朗詠
    • 今様
  • 参考曲
  • 楽譜・資料
  • 主な楽器
  • 注釈・コラム
朗詠(ろうえい) 主な楽器

ページの先頭に戻る