朗詠(ろうえい)

朗詠は、漢詩の詞章に曲節を付け、自由なリズムで歌われます。平安時代以降は、管絃*1の遊びの折などに行われました。その詞章となる詩歌を集めたものに『和漢朗詠集 (わかんろうえいしゅう)』*2などがあります。現在では、催馬楽と同様に、管絃の演奏会で取り上げられています。伴奏は、笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき)の三管です。

  • 雅楽
    • 御神楽
    • 催馬楽
    • 朗詠
    • 今様
  • 参考曲
  • 楽譜・資料
  • 主な楽器
  • 注釈・コラム
  1. *1管絃:
    雅楽で、舞を伴わない、楽器だけによる演奏形態。
  2. *2『和漢朗詠集 (わかんろうえいしゅう)』:
    藤原公任(ふじわらきんとう)[966- 1041]による撰定で集成されました。タイトルの「和漢」は、和歌と漢詩を意味するもので、和歌216首と漢詩588詩、全804首が、上下2巻に収められています。上巻では、春夏秋冬の四季の歌を詠んだもの、下巻では、風、雲、晴、暁、松…など、種々の歌が詠まれています。また、下巻の「祝」の部には、日本国歌『君が代』の原典となった歌が記されています。
    重要文化財『和漢朗詠集 巻下』 東京国立博物館所蔵

ページの先頭に戻る