御神楽(みかぐら)

御神楽は、12月中旬に皇居内の賢所(かしこどころ)で行われる宮廷儀式*1で、1年の感謝を込めて神へ舞や奏楽を献じます。歌唱者は「本方(もとかた)*2」と「末方(すえかた)*3」に分かれ、伴奏には篳篥(ひちりき)、神楽笛(かぐらぶえ)、和琴(わごん)が用いられます。独唱者の打つ笏拍子(しゃくびょうし)は、歌唱者と伴奏者の間を調整する役割があります。現在では、宮内庁楽部の楽師たちにより行われています。

注釈はこちら

  • 雅楽
    • 御神楽
    • 催馬楽
    • 朗詠
    • 今様
  • 参考曲
  • 楽譜・資料
  • 主な楽器
  • 注釈・コラム

『雅楽図』清涼殿神楽庭燎之前人長所作之図
宮内庁三の丸尚蔵館所蔵

雅楽図

天皇の日常生活の居所である清涼殿(せいりょうでん)において、榊(さかき)を持った楽人が、燎(かがりび)の前で『人長の舞(にんじょうのまい)』を舞う御神楽の様子が描かれています。舞人の装束には、平安時代の近衛(このえ)[武官]の正装が用いられています。

ページの先頭に戻る