清元節(きよもとぶし)

清元節は、1814年[文化11年]、初代・清元延寿太夫(きよもとえんじゅだゆう)[1777-1825]が創始した浄瑠璃[語りもの音楽]で、豊後節(ぶんごぶし)*1の系統に属します。初代と2代目の延寿太夫は、美音家として知られ、当時の流行唄を取り入れたりして曲風を確立し、歌舞伎にも積極的に取り入れられました*2。4代目は歌舞伎作者・河竹黙阿弥(かわたけもくあみ)と提携し、多くの作品を生み出し、また「他所事浄瑠璃(よそごとじょうるり)」*3という新しい演出方法を編み出しました。5代目は、語り口を上品にして、社会的な地位を向上させ、清元節を隆盛に導きました。発声はきわめて技巧的で、高い声を特色とします。三味線は、中棹(ちゅうざお) *4を用い、澄んだ柔らかい音を基本とし、控えめな演奏で語りを大切にします。

注釈はこちら

  • 参考曲
  • 楽譜・資料
  • 主な楽器
  • 注釈・コラム

清元節正本(しょうほん)
『六歌仙容彩(ろっかせんすがたのいろどり) 』
国立音楽大学附属図書館 竹内文庫所蔵

六歌仙容彩(ろっかせんすがたのいろどり)

清元節正本とは、清元節で用いられる詞章を刊行したものです。表紙には、登場人物の「六歌仙」のうち、文屋康秀(ふんやのやすひで)と小野小町(おののこまち)が描かれ、それぞれ中村芝翫(なかむらしかん)、岩井粂三郎(いわいくめざぶろう)が演じていることが記されています。また、清元節の創始者・清元延寿太夫の名前をはじめ、清元の太夫、囃子方、作者名も見られます。

ページの先頭に戻る