今様(いまよう)

今様は、平安時代中期から鎌倉時代初期にかけて流行した歌謡です。今様とは「当世風」という意味で、白拍子(しらびょうし)*1などが歌い、伴奏楽器には、鼓、笛や笙などが用いられ、貴族から庶民まで広く愛好されました。歌は、七五調の4句*2を基本としていることが特徴です。今様歌謡の集成として『梁塵秘抄(りょうじんひしょう) *3』が知られています。

《コラム》紫式部や清少納言も愛好した?

  • 雅楽
    • 御神楽
    • 催馬楽
    • 朗詠
    • 今様
  • 参考曲
  • 楽譜・資料
  • 注釈・コラム
  1. *1白拍子(しらびょうし):
    平安末期から鎌倉時代にかけて流行した歌舞。また、それを演じる遊女。今様などを歌い、水干・立烏帽子(たてえぼし)・佩刀(はいとう)の男装で舞ったので男舞といわれました。のちの曲舞(くせまい)などに影響を与えたほか、能にも取り入れられました。
  2. *2七五調の4句:
    次の例のように、七五調の句を4つ連ねている歌のことです。
    「仏は常に在(い)ませども  現(うつつ)ならぬぞあはれなる
    人の音せぬ暁(あかつき)に ほのかに夢に見え給(たま)ふ」
    (梁塵秘抄 巻第二 法文歌 佛歌)
  3. *3 『梁塵秘抄(りょうじんひしょう) 』:
    1169年(嘉応元年)頃、後白河院(1127-1192)は、今様歌謡の集成である『梁塵秘抄』を編纂しました。現存する『梁塵秘抄』には、約560首の歌が収められています。

コラム

紫式部や清少納言も愛好した?

『紫式部日記(むらさきしきぶにっき)』や『枕草子(まくらのそうし)』などに「今様歌」の記述がみられ、11世紀頃の平安貴族の間で流行していた様子がうかがえます。

*1『静』
東京国立近代美術館所蔵
*3『梁塵秘抄』 巻第一 天理大学附属天理図書館所蔵

ページの先頭に戻る